MAJO

洋食器に和の「漆」の技術と 独特な風合いを重ね、新しい漆器を誕生させました。
進化し続ける料理のクリエイションにあわせ テーブルコーディネイトの表現を大きく広げます。
特殊漆ベースに不思議な粉を溶かしてガラスの
裏面から何層にも塗り重ねていくことにより 深みのある不思議な色味が生まれていく 層が多いほど色味の輝きが増していきます。

I put the japanese style URUSHI technique and a unique texture on Western tableware, and create new lacquerware.
I greatly widen the expression of table coordinates to the creation of the dish which continues evolving.
Go mysterious color is born a deep will also coating superimposed on special lacquer base in dissolved a mysterious powder many layers. This increases the brilliance of color as the layer is large.